和氣綜合は交通事故 後遺障害等級に特化した事務所です

後遺障害等級の獲得はとても重要です
交通事故の補償内容の内訳 ⇒ 実は後遺障害の補償がほとんど

交通事故における「後遺障害」とは,事故によって負った傷病のうち,治療を行ってもなお残ってしまった機能障害や神経症状のことを指します。
後遺障害に対する主な補償として,慰謝料と逸失利益の2つがあります
1つは後遺障害が残ることにより,将来的にその痛みや不便さにずっと耐え続けなければならないことの補償としての「後遺障害慰謝料」,もう1つは十分に仕事ができなくなることで収入が減少することの補償としての「後遺障害逸失利益」です(ほかに将来の介護費用など)。
将来のことですから,どの程度の不利益を受けるのか正確に把握することは困難です。
そこで,賠償実務では,原則として,後遺障害の等級に応じて後遺障害の補償額を算定することになっています。
したがって,後遺障害の等級を獲得することができるか,どの等級に認定されたのかはとても重要な問題なのです。

交通事故の補償内容の内訳 ⇒ 実は後遺障害の補償がほとんど 14級、12級、10級 円グラフ

後遺障害の補償

慰謝料
等級 1級 2級 3級 4級 5級 6級 7級
慰謝料額
(万円)
2,800 2,400 2,000 1,700 1,440 1,220 1,030
等級 8級 9級 10級 11級 12級 13級 14級
慰謝料額
(万円)
830 670 530 400 280 180 110
逸失利益
年収×喪失率×逸失期間(中間利息控除)
障害等級 労働能力喪失率 障害等級 労働能力喪失率
1級 100% 8級 45%
2級 100% 9級 35%
3級 100% 10級 27%
4級 92% 11級 20%
5級 79% 12級 14%
6級 67% 13級 9%
7級 56% 14級 5%

※喪失期間は,症状固定日から67歳までの年数 ただし,①又は平均余命年数から症状固定時の年齢を差し引いた年数の2分の1(どちらか長い方)
②中間利息は控除する


例) 年収600万円の40歳の方が,後遺障害10級の認定を受けた場合

慰謝料 530万円
逸失利益 600万円×27%×14.643=
2372万1660円
合計 29021660

保険会社任せの実態

後遺障害等級認定を保険会社任せにすると、
保険会社は等級をできるだけ低く認定してもらいたいために、

  • 後遺障害診断書についてアドバイスはしないことはもちろん、
  • 自賠責へ後遺障害診断書を送るときに、被害者にとって不利な医学意見書をつけて送付し、
  • 不当な等級認定となってもアドバイスをしない

和氣綜合なら

後遺障害診断書のチェック

作成した後遺障害診断書の記載内容できちんと等級が認定されるか診断し、必要であれば専門医に意見書を作成してもらいます。

自賠責に被害者請求

任意保険会社は通しません。 必要書類は和氣総合ですべて取付を行い、被害者請求の方法で自賠責保険へ等級認定申請を行います。

等級認定

不当な認定結果の場合は認定の誤りを指摘・立証し、積極的に異議申立を行います。

等級に応じた賠償請求

保険会社が提示する少額な自賠責保険基準ではなく、裁判所が公表する裁判所基準で賠償額を計算し、請求を行います。

示談締結

等級認定が取れていれば任意保険会社も示談に応じてくる場合がほとんど。 90%以上が示談で解決しています。

まずはお問合せ下さい

まずはお問合せ下さい

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

後遺障害の認定を受けるまえに!!
後遺障害慰謝料 無料診断サービス
後遺障害の等級認定サポート


診断は無料!

後遺障害診断書を送って頂ければ、適切な等級認定が行われるための具体的なアドバイスをさせていただきます。

必要に応じて専門病院などを紹介させていただくことが可能です。


専門性の高いアドバイス!

後遺障害の等級認定に強い弁護士だからこそ、経験と実績に基づいた価値のあるアドバイスが可能です。
不当な等級認定を受けることなく、泣き寝入りを防止します。


スピーディな対応!

診断結果とともに、想定される等級に認定された際に予想される賠償額をご説明します。
また、適切な賠償を受けるためのポイントを具体的に弁護士からご説明します。

弁護士に無料で相談できます

※1 弁護士費用特約をご利用の場合は弁護士費用の計算方法が異なりますが、 ご依頼者の方の不利益になることはありません
※2 事前にご予約が必要です

受任件数年間200件以上の和氣綜合だからできる後遺障害等級獲得実績
高次脳機能障害・脊髄損傷からむち打ちまで
すべての後遺障害等級について獲得実績があります。

後遺障害等級について異議申立の結果
上位の等級を獲得し630万円の増額に成功

Aさん/70歳 主婦
Aさん/70歳 主婦

保険会社の事前認定で後遺障害14級と認定されていたところ
当事務所において認定の誤りを指摘・立証し、異議申立⇒当初の認定を覆し12級を獲得。賠償金が大幅に増額!

受傷部位:下肢
後遺障害等級:14級から異議申立、12級を獲得
後遺障害内容の項目:膝関節の神経症状

  • 医療記録を精査した上で,後遺障害等級を覆すに足る医学的意見を的確に引き出すことに成功!
  • 粘り強い交渉により、主婦としての休業損害・逸失利益を相当額認めさせることに成功!
  • 弁護士費用特約の利用で、増額した630万円分がそのまま依頼者の経済的利益に!
後遺障害等級について異議申立の結果
上位の等級を獲得し630万円の増額に成功

後遺障害(高次脳機能障害)等級5級を覆し3級を獲得
自営業の実際の収入実態に見合った賠償を得ることに成功

Bさん/42歳 自営業
Bさん/42歳 自営業

高次脳機能障害という高度な専門知識を有する後遺障害について,その特有の問題点を正確に押さえた上で,
的確な医学意見等を収集・整理し,異議申立を行い,高次の等級を獲得!

受傷部位:頭部
後遺障害等級:併合5級から異議申立、併合3級を獲得
後遺障害内容の項目:高次脳機能障害等

  • ご依頼者のご家族や担当医との間で綿密な打ち合わせを重ね、依頼者の症状をできる限り可視化することに成功!
  • 高次脳機能障害特有の問題点を押さえた上で、的確な医学的意見等を集めて異議申立の結果、併合3級の認定を獲得!
  • 無申告の自営業の基礎収入という困難な問題について協力税理士と連携を図りながら,膨大な量の帳票等を纏め,税務意見等も付した上で相当な基礎収入を算定!
後遺障害(高次脳機能障害)等級5級を覆し3級を獲得
自営業の実際の収入実態に見合った賠償を得ることに成功

後遺障害の申請は保険会社任せにせずに専門の弁護士にご相談を。
あなたに残った後遺障害の内容・程度にあった等級認定を受けて,適切な補償を受けましょう。
95%以上の方が後遺障害の申請を弁護士に任せています。(弊所調べ)

後遺障害が残りそうな方,お気軽にご相談ください!後遺障害のご相談は無料です。

まずはお問合せ下さい

まずはお問合せ下さい

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

和氣綜合が選ばれる理由

後遺障害獲得のための高い専門性

和氣綜合は,交通事故被害者が適切な補償を得るために,後遺障害の等級認定に力を入れてきました。その成果として,被害実態に応じた適切な等級認定を受けた実績が膨大にあります。
  後遺障害の等級認定は,後遺障害診断書を主な判断材料としていますが,この診断書には,すべての症状が治療経過や検査結果とともに具体的に記載されていなければなりません。記載漏れや曖昧な表現があったために,不本意な後遺障害の認定結果となってしまうことが数多く見受けられます。
また,後遺障害の等級認定には専用の医学的な検査が必要です。認定を申請する際には,各等級の認定の具体的な基準を踏まえた検査資料が添付されていなければ,後遺障害の認定は非常に難しいものとなります。
もし,認定結果が非該当であったり,認定された等級に不満がある場合,異議申立を行うことができます。しかし,その認定結果を覆すためには,認定の誤りを指摘・立証しない限り,同じ判断が繰り返されてしまうことになります。
このように,適切な後遺障害の等級認定を獲得するためには,法律的・医学的な専門知識が必要ですが,交通事故,特に後遺障害に精通している弁護士でしかきちんとした認定を受けることができません。


相談料・着手金0円の成功報酬制だから安心

 ご契約前に弁護士費用を分かりやすくご説明させて頂きます。相談料・着手金はゼロ,必要ありません。成功報酬型でご対応させて頂きます。


治療中から後遺障害の認定まで完全サポート

事故発生後 治療中からのご相談・ご依頼をお勧めしております。
ケガの治療中からご依頼をお受けしております。なぜなら診断や症状,その後の治療経過や検査所見などが,後遺障害の等級認定にとって非常に重要だからです。そのほか治療の打ち切り時期についてのご相談や,想定される賠償額,事件解決の見通しについて詳しくご説明させて頂きます。

後遺障害が残りそうな方,お気軽にご相談ください!後遺障害のご相談は無料です。

まずはお問合せ下さい

まずはお問合せ下さい

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

弁護士費用特約をつかえば、弁護士費用の自己負担0円で弁護士に依頼可能です!

弁護士費用特約をつかえば、弁護士費用の自己負担0円で弁護士に依頼可能です!

 弁護士費用特約とは、加害者や加害者側の任意保険会社との示談交渉等を弁護士に依頼した場合に、被害者ご本人やご家族が契約されている保険会社が、被害者ご本人の代わりに弁護士費用を支払ってくれる保険の特約のことです。
 一般的な弁護士費用特約では弁護士費用の上限が300万円の場合が多いですが、大多数の事案では、弁護士費用が300万円を超えることはありません。また,和氣綜合では,上限の範囲内であれば,弁護士費用の自己負担はありません。

 一般的に、弁護士費用特約の適用範囲はとても広く、以下の方の以下の方の自動車保険、火災保険等に交通事故の弁護士特約がある場合に、利用できることが多いです。
■交通事故の被害者ご本人  ■配偶者 ■同居している親族 ■別居中の両親(被害者ご本人が未婚の場合)
(※保険会社によって異なるケースがございます。)

一度、弁護士費用特約が利用可能かどうかを含めてご相談ください。

弁護士費用特約が使えなくても弁護士に相談!

弁護士に依頼しないまま保険会社と交渉しても適正な補償を得られることは99%ありません(弊所調べ)。そのため弁護士費用を支払っても,ご自身で交渉するよりも経済的なメリットが大きいのです。また,和氣綜合なら後遺障害についての問題を専門的に取り扱っていますので,補償額がぐっと上がる可能性があります。

弁護士法人和氣綜合は 交通事故の弁護士費用は成功報酬型を採用。
相談料・着手金無料です (弁護士費用特約利用の場合は除きます)

まずはお問合せ下さい

まずはお問合せ下さい

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

お問い合わせ

交通事故・労働災害のご相談は初回の相談料無料です。
下記フォームよりお問合せいただきましたら、追ってご相談日時等についてのご連絡を差し上げます。
まずはお気軽にお問合せ下さい。
(無料法律相談は事務所で行うことを原則と致します。ただし,被害者の方が入院中やご高齢のため外出できないなど,事務所にお越しいただくのが困難な場合には,入院先やご自宅にお伺いするようにしています。)

※ご記入はお分かりになる範囲内で結構です。
※ご相談される方は必ず、お名前、ご住所、連絡がつくお電話番号をご記入ください。

ご記入がない場合、または「誤」記入の場合にはご相談にお答えできない場合がございますのでご了承ください。
下記フォームからのセールス・営業等のご連絡は一切お断り致します。